デパートランキングトップページに戻る



断然トップは40歳台

次点は30歳台
3・4年前は20歳台と30歳台が多かったです。
これはインタネットの保有率が生活での利用率向上を意味しているのでしょうか。
携帯電話の機能の多様化に伴い生活の必須アイテムになっています。デパート内で携帯電話を持って記念写真
を取っているお客様は珍しくありません。インホメーションでは充電のサービスも増加しています。

成熟完熟したブランドより新規ブランドの発見者
40歳台のお客様はデパートのお客様として買う売場各階にフィットします。
生活者としての中核のポジションの役割をお持ちかも知れません。
親世代のお買い物や子供世代のお買い物や当然ギフトが必要になる世代では無いでしょうか。

自分へのご褒美世代
30歳から40歳台はお仕事もキャリアを重ねさらにランクアップする為のデパートショッピングかもと推定は拡大します。

男性客は30歳台が投票上昇

男性客は30歳台が投票上昇
景気回復か それとも独身のライフスタイルの表れかも。3年前にはコメントが微小。
デパートには行かない。イートインだけ。買う物が無い。
実力さえあればと言うわけには行かない『出来る男はカッコウ良く決める』傾向が対面式のカリスマす大意リストが存在するデパートを自分のステージに選択しているのでしょうか。
(お問い合わせや投票コメントから)

50歳台の実力は氷山の一角かも

50歳台の実力は氷山の一角かも
コメントにお友達の分も投票しています。などと言う文言がちらほら見られました。
デパートのお客様はやはり中高年層に支持されて居る事は忘れてはなりません。
かつては外商の方がポーターよろしくお供をしていたお客様は健在です。
 儀式の常識などはお客様が売場でご指導している景色があります。
カジュアルなファッションにも小物は格別のお誂えをされるお客様はデパートの評論家です『言わなくても良いけれど一言と当好感度研にご意見を寄せる方々です』
ところが50歳台の方がインターネットオークションで長高額商品落札の体験ありもありです。
或いは通販やご馳走おとり寄せ便のファンを自負していらっしゃいます。
ご家族は少なくなっても注文量は多量。お友達に配るスタイルです。
 日常の生活は独居で少量化 しかし他の人の分も見越して購入する基本姿勢でしょうか。
無駄と見るか美徳と見るか意見は分かれるtぽころです。自己中だけでは無いようです。


Copyright © 2001-2006 好感度研究所(デパートランキング) All rights reserved.

 

 

 

HP素材Design